元祖幕の内参加レポート[4]

イベントからだいぶ時間が経ってしまいましたが、元祖幕の内レポートの続きです!

前半はこちら⇒[1] [2] [3]

 

※この記事は2017.05.14に両国KFCホールで開催されたスペシャルイベント『元祖幕の内』の参加レポートです。僕のメモ書きと記憶を頼りに書き起こしたので細部の誤りはご容赦下さい。

※掲載させていただいている写真につきましては、会場スタッフ様より撮影及びSNSやブログへの投稿/掲載許可を頂いております。

 

天地らじお公開録音[1]

パーソナリティのお二人(田辺、佐藤)の「盛り上がってますかーーーー!?」の掛け声で始まりました、天地らじお公開収録。天地らじおを聴いている/知っている方が一定数挙手してホッとしたのも束の間、田辺さんの「先輩方へブッ込みますから!」発言に戸惑う佐藤さん。今日は魎皇鬼ちゃん(のぬいぐるみ)も一緒にコーナーに参加します。

ゲスト陣は四者四様の自己紹介でご登壇。「いつもにこやか、菊池正美です。天地やってます」「いつもうっふん、折笠愛です」「いつも元気な鷲羽ちゃんだよ。小林優子です。」「皆さん、てんちはー。(←これ)やってみたかったんです!水穂役の永島裕子でーす」皆さん、挨拶は即興で考えたそうです(笑)。この中で唯一レギュラー配信に出られていなかった永島さんは少し緊張されていた様です。田辺さん、佐藤さんとのやりとりの中で「スタッフの皆様(永島さんのゲスト出演を)よろしくお願いしま~す」と本放送への出演も意欲的でした。※イベント後、なんと第27回配信にゲスト出演される事が決定しました(公式サイトより)。おめでたい!

最初のコーナーは「食レポ」。イベントのタイトル『元祖幕の内』にちなみ、ゲスト陣が幕の内弁当を食べてその味を伝えます。食レポが下手な佐藤さん(田辺さん談)の参考になれば…と思いきやゲストの皆さんも苦手そう…?「佐藤さんどれ位(食レポ)下手なの?」という菊池さんの一言で、トップバッターはパーソナリティの佐藤さんに決定しました。選んだのは栗と銀杏。佐藤さんの「パサパサしてる」との第一声に「美味しさが伝わってこない!」とゲスト陣は辛口コメント。「なんてこった/(^o^)\微妙って事ですね」と落ち込む佐藤さんに「最悪だった」と田辺さんがとどめを刺します(笑)。

二番手は菊池さん。自信なさげに選んだのは筍。「シコシコした歯ごたえ、それでいて柔らかい。後から甘さがくる。」と完璧なコメントに、自然と会場全体から拍手が起こりました。三番は折笠さん。選んだ里芋をカメラ(?)に見せつけるのも忘れません。「わー♪見て!これ色が違ったら大きなダイヤモンドね!…山の幸の恵を感じるわ。…言葉なんか要らない…」とこちらも完璧な食レポで、田辺さんは感嘆のため息を漏らします。佐藤さんも「里芋が、とても、ほんとに、ダイヤモンドでした」と感動と動揺の入り混じった不思議な感想を述べられました。続いて小林さんは「(待っている間に折って)箸置きを作っていました」と準備万端のご様子。手に取ったのはミートボールとホタテの串。「里芋がダイヤモンドなら、このお肉はまるで大きな真珠のようだわ!」とこちらも例え方が上手い。「甘辛く、優しく、歯ざわりといい舌ざわりといい、大変結構なお味ございました」との上品な締めくくり、客席からも拍手が起こりました。連続して高評価の食レポによるプレッシャーからか、思わず咳込む永島さん。「やめた~い(泣)」と言いつつ選んだのは…「食材の質がかなり良いわね。どこの畑で取れたのかしら?特にこのニンジン!」どよめきつつも客席から拍手が(笑)。「味が濃くて美味しい!(苦笑)……(アニメの)台詞パクりました!!!」と開き直るも、天地的にはこれが正解。正に作品愛!

ここで終わりと思いきや、先輩方から食レポのアドバイスを受けて佐藤さんが再挑戦されました。田辺さんも隣で応援する中、選んだのは椎茸。「まー、なんという美しい輝きー(棒)これは美味しそうな椎茸。…とても良く味がしみ込んでいて、えー、じゅわっと、えー、口の中に、えー、シイタケ汁…」(肉汁的な旨味の詰まった汁の事を言いたかったらしい)とのコメントに「マイナスの方の(食レポの)頂点を目指したらどうでしょう!?」と苦笑いの折笠さん。最後に小林さんの「可愛いから許す!」の一言でコーナーが締められました。シイタケ汁というパワーワードが生まれた瞬間でした。

つづく

 

  •  

コメントを残す