そこは90年代だった!天地万博2019

9月8日にインテックス大阪で開催された同人即売会「こみっくトレジャー34」の中で、プチオンリー「天地万博」を主催しました!プチオンリー開催なんて初めてだし、地道に宣伝活動してたとはいえ当日の雰囲気なんて読めないし、期待以上に不安もたくさんありましたが…

とても多くの方に足を運んでいただき、イベントは大成功でした!!!例年のこみトレではお昼ごろから他のサークルさんをのんびり回っていたのですが、今回はそんな余裕がないほどに盛況で、ほぼスペースに居て天地ファンの皆さんとお話させていただきました!

まずは改めて感謝を!

お越しいただいた皆様、ご参加いただいたサークルの皆様(大阪さん、紫翠さん、綺羅さん、Mt.BOOKさん、えぼしさん)、企画準備にご協力いただいた皆様(蒔野先生、スギシンさん、こざとさん)、青ブーブー通信社の赤桐様、こみトレ運営の皆様、本当にありがとうございました!!

時間軸に沿った熱い参加レポートは既にえぼしさんが書かれているので、僕の方は準備段階のエピソードも交えながら当日の企画について解説する記事にしようと思います。当日の雰囲気が少しでも伝わるれば幸いです。

えぼしさんのレポートはこちら↓ぜひ読んでみて下さい!

行ってきましたよ大阪。天地万博atこみっくトレジャー34

さて、この「天地万博」ですが2年越しに実現したイベントでした。OVA第四期終了と共に公式からの供給がほぼ打ち止めになり、「こんな時こそファン主導で盛り上げていこうよ!」と大阪さん&紫翠さんと話したのが3年前。思い立ったら即行動!と準備を始めた矢先に、僕が仕事の都合で動けなくなり延期。そして翌年も同じ理由で延期。その間、土曜のワンドロアドベントカレンダーなどネット上で参加型企画を続けていましたが、リアルのイベントを開催するタイミングを立て続けに逃し悔しい思いをしました。

丸2年かかりましたが余裕が出来たので、ようやく再始動!その間にえぼしさんというスーパー神絵師をスカウト出来たのはとても大きい成果でした。

この看板は青ブー社さんにサプライズで作成機会をいただいたのですが、とても良い出来栄えでしょ~。入口に設置していただきましたが、看板に気が付いて来ました!というお客さんも多かったです。ちなみに僕とえぼしさんで2日で作りました。TV電話であーだこーだ言い合いながらゼロから作り始めて当日に間に合ったのが一番のサプライズです(笑)。

僕が看板と同じくらい力を入れたのが会場内放送の活用でした。こみトレには開催時間中にリクエスト曲を流したりサークル紹介文を読み上げてイベントを盛り上げる「放送局ブース」があります。4号館5号館両方にアナウンスされるのでイベントの告知にはもってこい!これは使わせていただくしかありません。

サークル紹介に関しては事前応募による抽選なので採用されるかどうかは運なのですが、幸いにもプチオンリー告知とサークル紹介文の2通が立て続けに採用されました!会場中に「天地無用!」のアナウンスが流れ、パーソナリティさんも「今年は天地無用!熱いですねー!」と盛り上げて下さいました。感謝!

楽曲リクエストは先着順なので、大阪さん・紫翠さん・スギシンさんと合わせて4曲分を早くから準備していました。4曲連続で流したので、「この曲知ってる!」「懐かしい!」と反応していただいたお客さんも多かったようです。よしよし。セットリストですが、Twitterフォロワーさんにいただいた意見も参考にして以下の4曲を選びました。

  1. 「天地無用!魎皇鬼のテーマ」(インスト)…すべてはここから始まった!OVA第一期オープニング。これは外せません。ただインストは会場内に響き渡るのが難しくちょっと音が小さかったのが残念。
  2. 「恋愛の才能」(横山智佐)…こちらもお馴染みOVA第一期エンディング。「恋愛の時空」と最後まで迷いましたが、1曲目との統一感を出すためにこっちにしました。
  3. 「天地無用!」(SONIA)…TV放送版(いわゆる無印)オープニング。天地といえばこの曲!と言わしめるほどアニメを完璧に表現した歌詞が魅力的。2曲目から一転、スピード感あふれる力強いヴォーカルが会場のボルテージを上げます。
  4. 「真夜中の太陽」(黒田佳世子)…「天地無用!GXP」オープニング。この選曲は完全に僕の一存で、既出の3曲が「懐かしい天地」なのでラストは「これからの天地」に繋ごうと思いました。この曲オリジナルは17年前なんですけどね。僕自身が「天地無用!GXP」から天地に入ったので、思い入れのある1曲でもあります。

そしてこれらの展示ですよ!現物はとても繊細でとても迫力がありました。綺羅さんの作品集は全て並べられると圧巻です!魎皇鬼の耳毛の部分とかサミーのバトンの亀さんとか良く出来てるんだ(細かい)。蒔野先生のプリサミ原稿は、展示が出入口近くだったこともあり多くの方々の目を引いていました。原稿を見に来るために大阪まで遠征してきたお客さんもいたのだとか…!?今回の為に2スペース申込みで参加してくれた紫翠さん&大阪さんに大感謝!

Twitterの告知から来てくれた方、看板や放送をきっかけに立ち寄ってくれた方、通りがかりで興味を持ってくれた方々も。AICのOVA黄金時代を懐かしんだり、天地OVA五期やGXP小説の展開に妄想を語ったり、皆さんと過ごした楽しい時間はあっという間で、気がついたら閉会となっていました。もっと天地話したかった…という事で次回もまたやるぞー!。「天地万博」というネーミングは、大阪花之呼さんに2025年の大阪万博にかけて名付けてもらいました(キャッチ―で最高!)。せっかくなので天地万博も本家・大阪万博の開催年まで継続できればと思ってます。おかみさんとでとこーださんは次回サークル参加のご検討もよろしくお願いします(笑)。かっきんさんも何か一緒に作りましょう(笑)。面白い事には人をどんどん巻き込んでいこう。

最後に個人的なニュースですが、新刊「天地横丁令和版」が天地万博と先月の夏コミで合計102部売れました!1シーズンで初めての頒布数100部超えです。やったね!関西にも同人誌で繋がれる天地ファンの方々がいらっしゃると再認識できたとても貴重な1日でした。また来年、よろしくお願いします!

コメントを残す