江戸五色不動尊巡礼レポート[3]目黄不動

 

  •  

 

次は「2つ目の」目黄不動。平井駅から総武線で秋葉原まで戻り、地下鉄日比谷線に乗り換えて4駅の「三ノ輪」(台東区)に向かいました。三ノ輪駅には出口が6箇所ありますが、3番出口が最も近いです。出口から明治通り沿いに1分ほど歩くと目的の永久寺に到着しました。

平井~三ノ輪三ノ輪駅前出口から左折永久寺

 

永久寺を参拝。御朱印をいただきました。

天台宗・永久寺(目黄不動)は創建は14世紀の南北朝時代と伝えられているそうで、当初は真言宗寺院だったようです。正門は閉じられていましたが、右端の扉から入る事ができました。正面に見えるのが本堂で、右奥にご住職のお宅が隣接しています。左手には何やら石碑が建てられています。境内はそこまで広い訳ではなく、小学校等の中庭の様な雰囲気でした。

永久寺永久寺本堂永久寺永久寺

 

左手さらに奥の建物が目黄不動です!劇場版では砂沙美、小説版と漫画版では美星が訪れた場所です。堂内には不動明王が祀られており、ガラス戸から中を覗くことができました。階段に「土足厳禁」とあるので、下で靴を脱いで参拝しました。

目黄不動目黄不動目黄不動

ちょうど観葉植物で隠れていましたが、本堂の左端(目黄不動側)の壁面にインターフォンがあり、ここからご住職に御朱印をお願いしました。すると、右手奥のお宅の玄関に来るよう案内されて、5分ほどで御朱印をいただく事ができました!初穂料は300円でした。

2か所を巡って時刻は10:50。歩数は6430歩。ここまで順調です!(つづく)
※実は三ノ輪駅の3番出口に辿り着くまでに回り道をしてしまい、少しタイムロスしています。。。

目黄不動(永久寺)御朱印目黄不動(永久寺)での歩数

コメントを残す