高梁アニメ祭レポート(第四期製作状況)

第四期について。井上P曰く、

●お父さんの結婚式が一つのキーワード

●三期で三女神編は決着。四期で新しい事が始まる

●同人誌や真天地小説のOVA版

との事。プラス1で駆け足だった結婚式のエピソードをやるみたいですね。親戚一同が集まるという事でGXPのキャラもバンバン出てくるようです。梶島さんの同人誌に描かれていた内容をやるのかな。

スクリーンに梶島さんの手掛けたストーリーボードが映し出されました。コミケットスペシャル6で頒布された同人誌「天地無用! 魎皇鬼『4』」に収録されているもので、本イベントのために用意するはずだった書き下ろしボードは間に合わなかったそうです。残念。

 

併せて、第四期製作状況が発表されました。()内は会場の客席から出た声。

●プロットが上がりました(おぉ〜!)

●1話2話の準備稿が上がりました(おぉ〜〜!!)

●もうすぐ3話です(うぉ〜〜!!!)

●1話2話の内容が変わってきました(えっ)

●4話作り終わってからどうするか決めます(えっ)

第四期は4話構成のようです。4話に入りきらない場合は区切って第五期に続く可能性もあるそうです。

また、井上Pとしては、佐藤さん(布賀油木)や田辺さん(藍井涙)の第四期出演はOKだそうです。※後日配信が始まった天地ラジオでお二人がメインパーソナリティに抜擢されていました。良かったですね。

 

最後に出演者の皆様のご挨拶がありました。今後のイベントにも前向きな佐藤さん。衣装を涙ちゃんに合わせてきたという田辺さん。自分なりの阿重霞を作っていきたいと七緒さん。古女房のがいいんだぞ〜(笑) と折笠さん。そして、最後までモル○イバーの件を気にしていた菊池さん。

井上Pが「高梁市までお越しいただきありがとうございました」の言葉で締めくくりました。佐藤さんは幕が下がりきるまで深く一礼されていました。

丁寧な方だなぁと感心していると、会場に「なぁ、天地ィ。お祭りってのはちょいと待ってりゃまた必ずやってくるんだぜ」と魎呼の台詞が流れました。最後の最後まで粋な演出に感動しました。

コメントを残す